frame-left
frame-right

店主コラム

2006年 12月 18日

「これは何?」

店の裏山

これは何?
木陰から覗く光る目、ピンと張った両耳。そう、これは宇宙からやって来たスティッチ…ではなく可愛いバンビちゃん(小鹿)です。
写真には電柱が写っています。という事は、ここは道路沿いだという事がお解かりいただけると思います。
車道を我が物顔で練り歩く鹿をご覧になった事がありますか?あるわけないですよね?でも居てるんです。真後ろから見ると、人が歩いているようにも見えます。
奈良公園の鹿と違って、野性の彼らは夜行性ですから、夜な夜な貴船の料亭街をそぞろ歩くのです。 これってやっぱり異常ですよね?

先日、猟師仲間が狩猟に出て、たくさんの鹿を仕留めました。
セセリ身を分けて貰い、「貴船倶楽部」で出す“鹿肉のシチュー・ハンバーグ”を作りました。
猟師は猪を狙って山に入るのですが、目に付くのは鹿ばかりです。
皆さん、環境のために国産鹿肉をどんどん食べて下さい。お願いします。

店の裏山

裏山に作った
鹿よけのフェンス

 

各地で鹿による食害が問題になっていますが、当館ではせっかく植えた花が食べられてしまうという、悲しい被害にあっています。
露天風呂から見える裏山に草花を植えているのですが、見事にやられてしまいました。今は鹿よけフェンスを張って凌いでいます。

これで仕留めます

これで仕留めます

ここまで鹿が増えた原因は、杉・檜の過剰な植林によって、広葉樹が減ってしまった事にあります。私の尊敬する「C,W,ニコル」さんは、植林によっておかしくなってしまった山々を自費で買いとられ、20年かけて素晴らしい森に戻されました。
我々もそれを真似て、貴船の森に生える樹木のバランスを戻していかないと、今よりもっと大変な事になると思います。
少し前の話になりますが、近くの料亭に鹿が入ってきて、鏡に激突した後、ガラス戸をぶち破って逃げたという事件がありました。(信じられないような本当の話)

過去のコラム